雨が降っています●●●

雨が降っています●●●

2014年04月30日[風穴・氷穴

 大型連休も半ばとなりました。本日は当地では、終日雨天のようです。

祝日ではありませんので、雨の中お客様は少ないです。樹海の樹木にとっては久しぶりの恵みの雨です。

昨日は「昭和の日」でしたね。「激動の昭和」ともいわれるだけあって、64年間様々な出来事がありました。

ここ富岳風穴・鳴沢氷穴でも昭和の歴史・風習を実感できるものがあるのです。

風穴では昭和30年代頃まで使用された繭や種子の貯蔵庫があります。

一方、氷穴では、入り口からぽっかり見える空洞が戦後まもなくあることに使用されたそうです。

そのものは今はありませんが、驚くべきことに使われました。答えは氷穴入り口にあります。

さて、昨日、私は帰宅後夕食を済ませ、何気なくテレビを見ると、あの昭和の偉大な作詞家・詩人である岩谷時子さんの特集をしていました。

まずは岩谷さんといったら「愛の賛歌」です。次に。「恋の季節」今陽子さん、今でも当時のピンキーを思い出します。
「海その愛」加山雄三さん、年齢は伏せましょう。
「サントワマミー」素晴らしい歌詞ですね。私の好きな歌のひとつです。

岩谷先生は他にもザ・ピーナッツ、布施明さんなど昭和歌謡を代表する歌手の作詞を手がけています。
個人的には、「ウナ・セラ・ディ東京」が好きですね。

これらの歌はと子供の頃の思い出と何故かリンクしてきます。日本は高度経済成長期でもありました。

ところで、岩谷先生は富士山に関する作詞もしているのです!これを知った時は驚きで身が震えました。

私が住んでいる、富士吉田市。この市民愛唱歌「ここにはいつも富士がある」この作詞を岩谷先生がされていたのです!!!

岩谷先生はその素晴らしい感性で富士山とその山麓の街を歌にしました。

大切にしたい歌のひとつです。

私は昭和生まれですが、なんと人生の半分以上は平成となってしまいました。昭和は遠くなりにけり。。。




本栖湖リゾート 虹の花まつり