2018年1月23日周辺状況

2018年1月23日周辺状況

風穴・氷穴 鳴沢氷穴情報 富岳風穴情報 2018年01月23日

 現在、富岳風穴・鳴沢氷穴ともに雪の影響はほとんどなく
通常営業しております。
駐車場や入場口付近の除雪作業もほぼ終了しました。

周辺状況を写真で確認したい方は
富岳風穴・鳴沢氷穴公式Fecebookに掲載しましたので、
こちらを参考にしてください。 
www.facebook.com/mtfujicave


<国道139号線 (富岳風穴・鳴沢氷穴の間) >
車道はアスファルトが見えいていますが
場所によってはチェーン規制の可能性もありますので、
道路情報をチェックしつつ、冬用タイヤやチェーンの準備は
あった方がいいと思います。
比較的、走行しやすいと思いますが、
※ブラックアイスバーンにご注意ください。
(凍っているように見えない凍結箇所のこと)

<国道139号線 歩道側>
人が一列で歩けるような道を作りました。
スタッフがスコップでかいただけの荒く細い道ではありますが、
あまり車道に出ないように歩けるようになっています。
歩く方は、長くつやスノーブーツをお勧めします。

<バス停>
歩道と同じく、人が歩けるようになっています。
場所によっては凍結しますので、バス乗降時は
転倒しないようにお気をつけください。
また、車道を渡る際には十分ご注意ください。

<洞窟内>
ほとんど影響はありません。
ただし、靴に雪が付着すると、とても滑りやすくなります。
階段は手すりにつかまりながら、ゆっくり上り下りしてください。
通路は濡れて、凍る箇所もあります。
見学の際にはお怪我ないように気をつけて歩いてください。
ヒールやおしゃれな靴、革靴などは見学の際、不向きです。
この時期は、可能であれば靴底がゴム製のもので
長くつやスノーブーツをお勧めします。

<最後に>
移動手段が車でもバスでも歩きでも
防寒をしっかりしてお越しください。
朝晩は毎日氷点下の世界です。
日中も10度まで届かず、寒いです!!


< 戻る